恋愛メディア編集長に聞く! ビデオ通話で好印象を与えるコツ5つ

新型コロナの影響により、ビデオ通話でのコミュニケーションがより身近に。

今回は、ビデオ通話で好印象を与えるコツを、恋愛メディア『マッチアップ』の編集長・伊藤早紀さんにお伺いしました。

「彼氏が欲しいけれど、最初のデートがオンラインだとどうしていいか分からない」「ビデオ通話だと、なぜか不機嫌だと勘違いされてしまう」、そんな悩みのあるレディは必見です♡

 

 ビデオ通話で好印象を与えるコツ

(1)先に時間を決めておく

相手のことをよく知らない時期にあるのが、「ビデオ通話の終わらせ方が分からない」という悩み。初めから、30分や1時間など、話す時間の終わりを決めて、相手に伝えておくのがおすすめです。

(2)初対面では、時間は30分

オンラインでの初の顔合わせの際は、なかなか話が持たないもの。 昼間だったり、お酒も入っていない素面の状態だったりするなら、なおさらです。居心地のいいパートナーとお付き合いした後は、何時間もつなぎっぱなしにしておくという人も少なくないのですが、 初めましての際は、話す時間は30分と決めておくのが良いでしょう。

(3)背景に映る場所は軽く掃除を

例えば、ぐちゃぐちゃの配線などを映らない場所に避けておくなど、軽く掃除しておくと好印象です。

(4)一問一答でなく、何か話すテーマをひとつ定める

ひとつ質問して答え、次に別の質問をして答え……と、一問一答になってしまうと、コミュニケーションもなかなか弾みません。漫画でもご飯でも何でも良いので、ひとつのテーマに対して会話をしていくようにしてみてください。マッチングアプリを使った出会いの場合は、最初から、何かひとつでも共通点のある相手を選ぶとよりスムーズ。 同じエリアに住んでいる近所の人だと、「あのお店は行ったことある?」など、話題も作りやすいです。

(5)笑顔とリアクションはしっかりと

自分では笑顔のつもりでも、画面越しでは伝わりづらいんです。自分は「楽しかったな!」と好感触を持った場合でも、 相手の方は「反応が薄くて、自分のことをあまり気に入ってくれなかったみたい……」と気持ちがすれ違ってしまうことも。 しっかり笑顔を心がけましょう。また、表情が伝わりづらいので、リアクションをオーバー気味にすると良いでしょう。 例えば、カメラにグラスを近づけて「カンパーイ!」と 言ったり、話が盛り上がったタイミングで手のひらを近づけてハイタッチをしたりと、 ぜひ工夫してみてください。

 

こういったテクニックや心得を知っていると、「もっと話したいな」「楽しかったな」という印象を残せそうですね。ぜひ活用してみてくださいね。

教えてくれたのは

恋愛メディア『マッチアップ』の編集長 伊藤早紀さん

マッチングプランナーと呼ばれる恋愛と婚活のプロが出会いをサポートする、紹介型マッチングサービス 『ヒトオシ』などを手掛けている。

情報提供/TENGA

PICUP! RECOMMEND

PICUP! RECOMMEND

SPECIALオリジナル連載

美人百花Flowers 美人百花Flowers

画像:Flowers集合写真

About Flowers

美人百花を一緒に盛り上げてくれる専属読者モデル。年1回のオーディションで募集してます♪

美人百花Channel

Hot word

INFORMATION