「その手があったか…!」LINEで浮気を見破るワザ5つ

こんばんは、恋愛心理士の美泉菜月です。

あなたは彼の浮気に気付いたことはありますか? たやすく見破れるケースもありますが、ウソがうまく、なかなか尻尾を出さない男性も存在します。今回は年間約1,000人の恋愛カウンセリングをしている美泉菜月が、男性の浮気を見破るコツをお教えいたします。

 

恋愛心理士が教えます!LINEで浮気を見破るワザ

(1)表示名と相手の登録名の違いをチェック

浮気相手のLINEの表示名を別の名前に変えているパターン。

LINEの表示名は自分で設定することができます。怪しいと思うトークを開き、相手のアイコンをタップしてみましょう。彼のLINE内では「さとし」と表示してあるのに対し、相手は「さとみ」と登録してあれば、彼が表示名を変えたということになります。やましいことがあるから変えるのであって、これは一発アウト!

(2)スタンプだけでやり取りしてみる

スタンプは手っ取り早く、文章を打つのが苦手な男性にとってはありがたい存在。相手の反応に合わせて、「スタンプで会話をしよう」と誘ってみてください。スタンプでやり取りしていくうちに、浮気相手に送るイチャイチャスタンプが混在してくる場合も……。あなたには普段送ったことのない可愛いスタンプやカップルスタンプが送られてきたら、もしかするかもしれません。

(3)非表示リストを見てみる

設定→友達→非表示リストを見て、女性の名前がないか見てみましょう。トークをわざわざ非表示にしているということは誰にも見られたくない内容、もしくは相手ということ。非表示リストが女性だらけの場合、あなたに隠れてマッチングアプリなどでたくさんの女性と知り合い、やり取りをしている(or していた)可能性が!

(4)通知オフにしているトークをチェック

通知されたくない友達に対しては「通知オフ」設定をすれば、通知されませんし、通知音すら鳴らなくなります。トークリストの名前の隣に、スピーカーマークにスラッシュが付いていたら通知オフしている証拠。通知オフは、公式LINEやグループLINEに用いる人が多いですが、個人的な人物に用いていたら怪しいかもしれません。

(5)彼のLINEの表示名がフルネーム以外

長年、カウンセリングをしてきて、浮気常習者に多いのが、LINEの表示名を本名に設定していないということ。理由は明確。今はネットで簡単に検索できるので、浮気相手には信頼関係ができるまで本名を伏せる傾向があります。彼自身のLINEの名前を本名(百花健太郎とします)ではなく、「K.H」「けん」などとニックネームにしている場合、浮気男の可能性が高いでしょう。

レディはどうしている?LINEで浮気を見破るワザ

レディのみなさんはどうしているのか、聞いてみました。

「目の前でLINEを送ってみてポップアップ表示がオフにされていたら、怪しんでいます」(26歳/不動産)

「『この間、女性といなかった?』とかまかけLINEを送ります。普段、短文のあっさりLINEの彼氏が長々と『え、何で?その日は〇〇していて……』と必死のLINEが送られてきたら怪しい」(29歳/会社受付)

大切なのは知る覚悟!

彼女にバレないように浮気工作をしている=LINE内で浮気相手だけを隠している状態なので、少し探れば見破りやすい傾向があります。大切なのは、浮気を見破る=万が一のときの覚悟ができているかどうか。

見破る前に、万が一のときはどうするのか、答えを出してから行動に移すことをおすすめします。

 

書いたのは

美泉菜月さん

恋愛心理士、恋愛アドバイザー、メンタル心理カウンセラー。年間1,000人以上の夫婦を円満に導く夫婦アドバイザーとしても活躍。

PICUP! RECOMMEND

PICUP! RECOMMEND

SPECIALオリジナル連載

美人百花Flowers 美人百花Flowers

画像:Flowers集合写真

About Flowers

美人百花を一緒に盛り上げてくれる専属読者モデル。年1回のオーディションで募集してます♪

美人百花Channel

Hot word

INFORMATION