彼女気分を味わえちゃう♡神谷健太くん(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)と冬のお散歩デート♪

気になるイケメンをピックアップしてデート気分を味わえちゃう連載「#イケメンとデートなう」。今回のゲストはLINEマンガの人気作を実写化し、放送開始から話題を呼んでいるドラマ『3Bの恋人』に出演中の神谷健太(かみや・けんた)くん。

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEでパフォーマーとして活躍するなか、連続ドラマ初出演となる今作では本格的な演技にチャレンジ。彼氏にしてはいけないと言われるいわくつきの職業である〝3B〟の中でバンドマン役を演じる彼に、好きな女性のタイプや理想のデート、演技の感想や撮影現場での失敗エピソードなどをたっぷり語っていただきました!

 

「冬の食べ歩きデートって憧れます

THE RAMPAGEのメンバーからは〝不思議キャラ〟と言われ、独特の間合いがあり、マイペースな印象の健太くん。今までは世間のイベントごとに興味がなかったらしいですが、最近は雰囲気を楽しめるようになってきたんだとか♪

ーー冬はどんなデートがしたいですか?

心が冷たい人間なので(笑)、イルミネーションが見たいです。

ーーそうなんですか(笑)?

冷めてるというか、イルミネーションとかそういうのであまり感動しないタイプだったんです。でも最近は見てるだけで楽しいなって思えるようになってきました。

ーーなるほど! 

でも昔からクリスマスだけはめっちゃ好きでした。(出身地である)沖縄のクリスマスは米軍があるから、すごく盛大で海外チックなんです。その空気感が大好きで毎年当日になるのが嫌で。だって、終わっちゃうから(笑)。

ーー可愛らしい(笑)。12月になると街がキラキラし始めますもんね。

そうなんです、12月のあのキラキラした雰囲気がいいですよね。その時期にデートするなら、ナイフとフォークを使うようなかっちりめのレストランに行きたい! おいしいごはんを食べて、そのあとにイルミネーション!

ーー大人のデートって感じですね♪

ですね。冬なら食べ歩きデートもしたいです!

ーー冬の食べ歩き、寒くないですか!?

いや、それがなんかいいんですよ。寒い中、あったかくてほくほくした食べ物を食べるのが。浅草とかいいですよね。

 

「メイクの変化には気付けません(笑)」

思ったことを全部口に出してしまう性格と語る健太くんは、女性への気持ちもLINEなどの文章で伝えるより直接ストレートに言うタイプ♡

ーー女性の好きなファッション&ヘアメイクを教えて下さい! 美人百花はこんなテイストなんですが……。

ロング丈が好きです。ロングのワンピースとか!

ーー落ち着いた雰囲気が好きですか?

そうですね。胸元が見えてるのが苦手なので、ざっくり開いたVネックとかは避けてほしいかも。沖縄にいたときにマキシ丈でピタッとした南国っぽいワンピを着てる女性をよく見かけて、それがなんかめっちゃ好きです。

ーー肌の露出はしてほしくないけど、女性らしいボディラインのわかるお洋服がお好きなんですね。

(誌面を見ながら)あ、こういうパンツにジャケットとかでかっこいい感じも好きです。

ーーコンサバっぽいパンツスタイルもありなんですね!

全然ありです! きれいめとかかっこいい系の、大人な女性って感じの方がいいですね。

ーー(メイクページを見ながら)ちなみに、メイクの変化に気づけるタイプですか?

全っ然、わかんないんですよ、そういうの。ナチュラルメイクが好きですね。赤リップとか、がっつりメイクすぎる人は『ウップス!』ってなります(笑)。

 

健太くんの新たな一面、実は眉毛フェチ?

『女性に甘えたいor甘えられたい?』という質問を投げかけると『てか、めちゃめちゃ恥ずかしいですね、こういう質問!』と照れながらも『甘えたいし、甘えられたいです』と答えてくれました!

ーー見た目の好みって他にありますか?

 ヘアスタイルはショートの方が好きかな。ショートにする女性って自分のことをよく見て知ってるから挑戦できると思うので、そういう自分に自信を持ってる女性っていいですよね。海外では自分に自信を持つのは当たり前の文化だけど、日本は謙虚であることが美徳とされやすい。でも『わたしなんて……』みたいな文化は自分的には苦手なんです。

ーー最近、特に自分に自信が持てない女性は多い気がします。

ですよね。でも女性には自信を持って、美しくエネルギーに満ち溢れていてほしいなっていう想いがあって。

ーーでは、健太くん的に美人の条件は〝自信があること〟ですか?

そうですね。世界的に見ても日本の女性はきれいだし、自信を持つべきレベルだと思うので! ありのままの自分に誇りを持ってもらいたい!

ーー励みになる心強いお言葉……。女性にドキッとする瞬間は?

美容に気を遣っているのがわかったとき! 例えば、眉毛がすごいきれいとか。僕、眉毛にめっちゃうるさいんですよ(笑)。

ーー眉毛ですか!?

眉毛が整ってると、きれいな人だなって、なぜだか女性的な魅力を感じます。その人に合っていれば太さや形に好みはなくて。でも思い返すと女性に限らず、男性の眉毛もつい見ちゃってるかも。

 

演技に本格的に挑戦した『3Bの恋人』について伺いました!

今回が連続ドラマ初出演となり、本格的な演技に臨んだ健太くん。どのように演技と向き合い役を掴んでいったのか、役作りについてに突っ込んでみました!

ーー『3Bの恋人』で健太くんが演じるのは〝3B〟の中でもバンドマンとのことですが、どんな役柄でしょうか?

僕の演じる〝ユウ〟という役はボーカルを務めるバンドマンで一言で言ったら、俺様人間。言葉で伝えるのが苦手で、言葉で伝えても勘違いされやすいタイプ。でも根っこには音楽っていう軸が1本ちゃんとあるので、そこは全然ブレないんですよ。『俺の音楽』を中心に全部が回ってるが故に、不器用な態度をとってしまう人間なんです。

ーー健太くんとは音楽という共通点があるんですね。 

そうですね。バンドを組んだことはないんですけど昔から歌うことや音楽が好きです! 家にはベースとドラムがあって物心ついた頃から、父に後ろから操られながら練習させられてました(笑)。でもギターだけなくて、沖縄なので三線がありました。とにかく小さい頃から楽器に触れる機会が多くて、音楽が身近な環境だったんです。 

ーーじゃぁ、今回はギターにも初挑戦だったんですね。実際に弾いてるシーンもあるんですか?

ありますよ。しかもギターボーカルで歌いながら弾かなきゃいけないので、めっちゃ練習しました。楽器の中で1番ギターが難しい気がします。

ーー今回の役柄が来たときに、どんな感想を抱きましたか?

お話をいただいてから原作のLINEマンガを読んでみたんですけど、インパクトのある俺様って感じの登場なので『おお、この役かぁ……』ってなりましたね(笑)。連続ドラマで本格的なお芝居をするのが初めてというのもあり、右も左もわからない状況で『どうしよう、本当にできるのかな』っていう焦りを感じました。〝楽しみ!〟みたいな感覚は正直なかったです(笑)。

ーー不安要素の方が大きかったんですね。どのように役作りされましたか?

とりあえずTHE RAMPAGEでお芝居経験のあるメンバーに連絡しましたね。川村壱馬とか、舞台経験もある岩谷翔吾とか、ほかにも演技をやってる何人かに連絡して、まずは台本の覚え方から聞いていきました。

ーーどんなアドバイスをもらいましたか?

結果、人それぞれなんですよね。壱馬は結構親身になって『役のことをめちゃくちゃ考えてからナチュラルにやってます』って言ってくれました。役をしっかり掴めば考えずにできるようになるってことなんだろうけど、でもその感覚がまだわからないっていう(笑)。

ーーやってみないことには、ですよね。

はい。それで事務所のLDHで脚本などを担当する方に演技指導をしていただき、女優志望の子にも手伝ってもらえたのでセリフの掛け合いの練習をして、徐々に演技の感覚をつかんでいきましたね。

ーークランクイン前に、かなり準備をされていったんですね。

そうですね。あとはバンド演奏のシーンもあったので、監督にイメージに近いバンドの映像をいただいて何度も見て予習をしていきました。幸いにも監督が挙げてくれた中に友達のバンドが入っていたので、直接連絡して詳しく聞いて、ギターの練習も付き合ってもらいました。

 

撮影初日は共演者との会話ゼロ!?

演技に臨む姿勢や現場での様子から、集中力の高さや物事を突き詰めるストイックな姿が垣間見えました。撮影終盤になると苦手だったアドリブの長回しにも『もうどうにでもなっちゃえ』と、ズバズバとセリフが出てくるようになったとか!

ーー共演者であるほかの3Bメンバーとの関係性や現場の空気はどのような感じでしたか?

1日目はヤバかったっす(笑)。誰も喋らなかったです。

ーーえ! ひと言もですか?

僕は慣れない演技の現場なので超集中してたし、こんな時期なこともあり自分から積極的には話さなかったですね。でも美容師役のHIROSHIさんが率先してムードメーカーになってみんなを和ませてくれたので、2日目からは意気投合。最後の方はみんなで爆笑しすぎて、監督に怒られるぐらい仲良くなってました(笑)。

ーー楽しそう! 撮影現場での印象深いエピソードはありますか?

正直、演技に集中しすぎてあまり覚えてないぐらい、毎日が必死な戦いで……。強いて言うなら、食べる演技のときのアドリブに苦戦したことかな。俳優歴の長いバーテンダー役の桜田通さんもごはんを食べる演技が1番難しいっておっしゃってたんですけど、実際めちゃくちゃ難しくて……。

ーーそこでのアドリブシーンが多かったんですか?

はい。3Bメンバーと馬場ふみかさん演じるヒロインのはるちゃんの4人がシェアハウスで暮らすストーリー展開なので、みんなで食卓を囲むシーンがたくさんあって。和気あいあいとした雰囲気ではありつつも、演技としては難易度の高いシーンなのに、通さんとはるちゃんがかなりアドリブを入れてくるんですよ!

ーー演技慣れしてる2人にぶっこまれるわけですね(笑)。

そうなんです(笑)。HIROSHIさんも演技が初めてなので僕と2人でガチガチの状態で、アドリブに対して自然に笑ってしまって、カットやNGになることが結構ありました。でもすごく微笑ましいシーンだし、みんなの素の笑いが混ざってる部分でもあるので、見どころでもありますよ。

ーー今回のお芝居の経験がステージでのパフォーマンスに生かされた部分はありますか?

普段はパフォーマーなので体を使ってダンスで曲を伝える仕事なんですけど、声を発してない分、体だけで伝えなきゃいけないんですよね。今回の演技を通して、ただやってるだけでは意味がないこと、熱量がないと何も伝わらないことを実感しました。〝何かを伝える熱量〟の大切さを知ったのは表現者としてめちゃめちゃ力になったと思ってます。

ーー具体的にはどんな部分ですか? 

自分の心の熱量と第三者視点での満足度のバランスを取る感覚がつかめたことが大きいです。自分だけ熱くなっても自己満足に終わっちゃうじゃないですか。THE RAMPAGEのステージってその温度差が起きやすいと思ってて。起承転結を考えてライブのセットリストを組むんですけど、つい自分たちの熱量を優先させちゃうこともあるし、ステージ上の16人で団結してるので、結果お客さんを置いてけぼりにしてしまう感じもあるのかなって。

ーー激しいダンスが続くと、勢いがどんどん乗っちゃいますもんね。

でも今回の演技で、一歩引いた目線で見ることができるようになりましたし、ファンの方々の目線に寄り添うことと自分たちの熱量とのバランスを取れるようになった気がしてます。

ーーますます今後のステージも楽しみになります! では最後に、読者に向けて作品の見どころをお願いします!

世間が大変な状況なので気分が沈むことも多いと思うんですけど、このドラマはコメディ要素も多いのでクスッと笑えたり、『また一週間がんばろう』って思えたり、少しでも気持ちがあったかく、前向きになってもらえたらうれしいです。 毎話いろいろな伏線が張られていて、最後にそれがバコッとハマるので、そこも見逃さないようにするとより楽しんでもらえると思います!

ーーちなみに……、やはり〝3B〟の男性はやめといた方がいいですか(笑)?

〝3B〟の男性には『本当に付き合ってはいけない理由があるのか』『果たしてそれは本当にダメなのか?』、その気になる真相にも迫れる作品になってますので、ぜひ見てから判断してほしいです(笑)。もちろんキュンキュンするシーンもたくさんあるのでお楽しみに!

神谷健太(かみや・けんた)

1995年5月27日生まれ、沖縄県出身。オーディションで選ばれた16人組のHIPHOPダンス&ボーカルグループ『THE RAMPAGE from EXILE TRIBE』でパフォーマーを務める。その名のごとくステージ上を踊りながら暴れ回るようなエネルギッシュなパフォーマンスが魅力。派生ユニットであるラップグループ『MA55IVE THE RAMPAGE』ではラッパーとしてマイクを握る。

 

作品情報

ドラマ『3Bの恋人』

テレビ朝日(関東)毎週土曜2時30分~
ABCテレビ(関西)毎週日曜23時25分~

撮影/オノデラカズオ ヘアメイク/谷川一志(KIND) 取材・文/池野もも

PICUP! RECOMMEND

PICUP! RECOMMEND

SPECIALオリジナル連載

美人百花Flowers 美人百花Flowers

画像:Flowers集合写真

About Flowers

美人百花を一緒に盛り上げてくれる専属読者モデル。年1回のオーディションで募集してます♪

美人百花Channel

Hot word

INFORMATION