こんなLINE送っちゃダメ!男性が返信に困るLINE5つ

こんばんは、恋愛心理士の美泉菜月です。

恋愛発展に大切なのは、日々の連絡。これまで多くの男女をカウンセリングしてきて、やはりLINEが続かないと恋愛にも発展しにくい傾向があるようです。そうならないためには、男性が返信に困るメッセージを送らないことも大切。こんなLINEを送って困らせていませんか?

 

男性が返信に困るのはこんなLINEです!

(1)「それって何時ごろ?」

「『それって何時ごろの出来事?』『何時ごろに帰ってきたの?』などと時間を問いただすLINEがくると、なぜそこまで詳細に話さなくてはいけないのかと面倒に感じます」(28歳/商社)

時間まできっちり問われると、調査されているような気持ちになるようです。やましいことはなくても返信をためらってしまうので注意!

(2)「みんなに送っているんでしょ?」

「相手が喜ぶと思って『今日の髪型いいじゃん♡』と褒め言葉を送ったとき、『どうせみんなに送っているんでしょ?』と返信が。女性みんなに送るほど器用じゃないし、勝手に疑われると返信しようがありません」(30歳/金融)

他の女性にも送っていないか不安になってしまう“THE・受け取り下手女子”。素直に「うれしい」と受け取れない場合、自己肯定感を高める努力を!

(3)「〇〇くんってSっぽいよね」(理想押し付け)

「『〇〇くんってSっぽいよね』『掃除好きそうだよね』などと、俺のことを勝手に想像して理想の男性像と重ね合わせるような決めつけLINE。実際は違うので返信に困ります」(27歳/教育関係)

もし男性から「尽くしてくれそうだよね」と送られてきたらプレッシャーに感じますよね。自分の中の理想やイメージ像をそのまま押し付けるのはやめましょう。

(4)「私、本当にセンスなくて」(自虐)

「同じ部署の女性から差し入れをもらったので、お礼LINEをしたら、『私、本当にセンスがなくて、おいしくなかったらごめん』と返信が。『そんなことないよ』とフォローするのも面倒だし、センスがないと思っている物をもらっても、うれしくないです」(31歳/公務員)

「私、本当にダメで……」というような自虐LINEを受け取った男性はフォローが大変。「そうだよね」なんて返信できるはずがない! 反応が怖くて保険をかけるくらいなら、送らないほうがマシです。

(5)「〇〇からこう言われたんだけどヒドくない?」

「人に関するグチは一番困ります。同調したくないですが、同調しないと、『味方してくれないなんてヒドイ!』となる。なので、陰口や小言を言わない女性を見極めるようになりました」(33歳/税理士)

人に関する意見を送るだけでなく、同調を求める内容は返信に困るどころか、好感度まで急降下。多少の不満は笑顔で吹き飛ばしましょう!

「もし自分だったら?」と考えてみて

気になる男性へのLINEは早く送りたい一心で、感情に任せて送信ボタンを押してしまいがち。

ですが、「自分がこのLINEを送られてきたら?」とワンクッション置いてみると、内容の良し悪しの判断ができるようになるはずです。

 

書いたのは

美泉菜月さん

恋愛心理士、恋愛アドバイザー、メンタル心理カウンセラー。年間1,000人以上の夫婦を円満に導く夫婦アドバイザーとしても活躍。

PICUP! RECOMMEND

PICUP! RECOMMEND

SPECIALオリジナル連載

美人百花Flowers 美人百花Flowers

画像:Flowers集合写真

About Flowers

美人百花を一緒に盛り上げてくれる専属読者モデル。年1回のオーディションで募集してます♪

美人百花Channel

Hot word

INFORMATION