まさにドロ沼!破局寸前のカップルの「殺伐LINE」をのぞき見

破局間近のカップルは、お互いに感情が荒れていることが多いもの……。そんな感情でLINEを送ると自然と内容も殺伐化。

そこで今回は破局寸前のカップルの殺伐LINEをご紹介。こんな破局の仕方は、もっぱらごめんです!

 

破局間近カップルの殺伐LINEをのぞき見!

(1)「あのことをバラされたいのならどうぞ」

「一度、浮気を許してもらった過去があり、今度は僕が遠方へ転勤になり、ついて行く気はないと言われたので別れ話を持ちかけたら『あのことをバラされたいのならどうぞ』とLINEが。別れたいのに別れても地獄、関係を続けても地獄」(27歳/金融)

彼はそろそろ潮時と思っていたのに対し、彼女は過去の浮気も許し、付き合い継続を希望。正反対の両者の意見の結末はいかに。

(2)「人を不機嫌にさせる天才だよね」

「束縛が激しい彼女に嫌気がさして、『人を不機嫌にさせる天才だよね。ダメンズになり下がりたくないわ』と送ったら『こんなモラハラ発言するとは見損なった』と返信が。が、後悔なし!」(29歳/IT関連)

束縛の激しさからキツイひと言を発してしまったようですね。両者とも初めに付き合い方を話し合えていたら、こんな結果にならなかったのかもしれません。

(3)「私の人生返して!返せないなら償って」

「3年交際していた彼女と結婚を考えられず、別れ話を持ち掛けたら『私の人生返して!返せないなら償って!』とLINEが。毎日毎日しつこくLINEが来て、別れたら呪われそうで徐々にLINEを減らしています」(31歳/商社)

時間だけはお金で買えない、そして巻き戻せない。交際が長いから結婚という流れにならないのが男性。そこの見極めを間違えると、愛情から一瞬にして憎しみに。

(4)フルボッコスタンプを連打

「僕のウソがバレて別れ話に。謝っても格闘技キャラのフルボッコのスタンプが連打で送られてきます。何度も謝罪LINEを送ってもそのスタンプしか送られてこず、会話になりません」(28歳/証券)

やり直したいLINEを送っても返ってくるのはスタンプのみ。会話にならず事実上の音信不通というところでしょうか。LINEを返す=修復の見込みの可能性はありそうですが、フルボッコを受け入れられるかが鍵?

(5)「ブラックリスト入り」

「ケンカがこじれて別れ話に。『私の中の二度と関わりたくないブラックリスト入りしたから、もう無理』と送られてきてさすがに僕もカチーン」(28歳/公務員)

とんでもないリストに仲間入りを果たしてしまった彼。一度冷めきった女性の心を再度動かすのは至難のワザ……ということでブラックリストから解除される日が来る確率は低いかもしれません。

破局寸前のひと言に今までの関係性が現れる!

破局間近に感情が爆発するということは日頃からパートナーに対してストレスを溜めていることが多いです。

破局まで悪化する前に小さな話し合いの時間を定期的に設けることをおすすめします。

 

 書いたのは

美泉菜月さん

恋愛心理士、恋愛アドバイザー、メンタル心理カウンセラー。年間1,000人以上の夫婦を円満に導く夫婦アドバイザーとしても活躍。

PICUP! RECOMMEND

PICUP! RECOMMEND

SPECIALオリジナル連載

美人百花Flowers 美人百花Flowers

画像:Flowers集合写真

About Flowers

美人百花を一緒に盛り上げてくれる専属読者モデル。年1回のオーディションで募集してます♪

美人百花Channel

Hot word

INFORMATION