【第5回】「マッチングアプリ以外で普通に出会った彼氏が欲しい」辛酸なめ子さんが解決♡【美人からの生相談】

漫画家・コラムニストとして大活躍中の辛酸なめ子さんの新連載スタート! 美人たちから寄せられたリアルなお悩みに独自の視点でお答えします。→ 第1回もチェック♡

【第5回】

普通に出会った彼氏が欲しい!

「昨年、彼氏と別れて新しい恋愛をしようと思った矢先にコロナが流行り、人が多い場所はなるべく避けているので出会いの場にもいけず、彼氏が欲しいのにつくれない状態です。マッチングアプリは写真を載せなければいけないので、知り合いにバレるのが嫌で絶対やりたくありません。出来れば普通にどこかで出会いたいのですがそれも今は難しくて……どうすればいいでしょうか? 欲張りですが、地元の人とはあまり付き合いたくないので、少し離れた場所の方が良いです。」(メガネコリーナ・33歳・美容関係)

 

辛酸なめ子さんのアンサー

「最近は出会いというとマッチングアプリが多いみたいですね。知人もそれでソウルメイトを見つけたと言っていました。ただ恋人や結婚相手を探そうとすると条件指定が色々細かくて、年収や体型、趣味、喫煙の有無などチェックするので逆に意外性がなくなってしまいそうな……。」

「条件検索に頼らず、いい感じの男性と出会うにはどこに行けばいいのでしょう? 私は去年、地球環境のことを考えて何度かゴミ拾いボランティアに参加したことがありました。女1人でアウェイ感があるか心配していたのですが、他にも単独参加の人たちがいて安堵。清掃ボランティア活動は就活に有利なのか男子大学生も何人かいて、さすがに彼らの中ではアウェイを感じましたが、他に近隣で働いているという男性がいたりして、自分の働く街に恩返ししたい的な、志の高い発言をしていました。また1人で参加していると、拾った吸殻を集めて数えるときなどに作業を手伝ってくれる人もいて、自然にコミュニケーションが取れる環境でした。参加者の中に、その街で働いている人がいたら、お店に後日行けば、知り合いになれそうです。参加している人は環境への意識が高くて、性格も良さそうです。ゴミ拾いボランティアは出会いの場所としていいかもしれないと思いました。
ただ、出会い目的で女性側が参加したとして、交際となった場合、意識が高い男性に話を合わせなければならないのが大変そうです。サスティナブルとかSDGsについて語り合う日々が待っていますが、それも大丈夫な方はぜひ……。」

辛酸なめ子(しんさん・なめこ)

1974年東京都生まれ、埼玉県育ち。漫画家、コラムニスト、小説家。美人百花にて『美人たちの生ハガキ』でイラスト連載中。『女子校育ち』(ちくまプリマ―新書)、『愛すべき音大生の生態』(PHP研究所)、『スピリチュアル系のトリセツ』(平凡社)など著書多数。

 

お悩み大募集

「美人たちの生相談」では、アラサーレディたちのリアルなお悩みを大募集。恋愛や婚活、対人関係、仕事、お金などジャンルは問いません。下記アドレス宛にメールでお悩みをお送りください。掲載可能なお名前、年齢、職業も記載ください。
・ご応募いただいたお悩みは、編集部で選考の上、採用いたします。
・締め切り、合否はありません。随時募集しています。
・個人情報は編集部保管のうえ、厳守いたします。

応募アドレス

bijinhyakka_web@kadokawaharuki.co.jp

 

あわせて読みたい

PICUP! RECOMMEND

PICUP! RECOMMEND

SPECIALオリジナル連載

美人百花Flowers 美人百花Flowers

画像:Flowers集合写真

About Flowers

美人百花を一緒に盛り上げてくれる専属読者モデル。年1回のオーディションで募集してます♪

美人百花Channel

Hot word

INFORMATION