マッチングアプリを3つ同時に使用!? コロナ禍でも恋人ができた人のエピソード5つ

コロナ禍で新しい出会いの機会がガクンと減ったことは、恋活男女にとっては致命的!

しかし、そんななかでもステキな恋人ができたエピソードも寄せられているので希望を捨てないで。いったいどんな凄腕テクを使ったのでしょうか?

 

コロナ渦で恋人ができた人に聞いた♡恋の発展エピソード5つ

(1)マッチングアプリを3つ同時にDL

「おうち時間が増えたことで、暇になりマッチングアプリを3つDLして同時にやっていました。アプリによって年齢層が違うので、複数やるのはおすすめ。たくさんの男性を見比べることができ、目も養えます」(27歳/金融)

アプリのコンセプトによってユーザー層が違うため、年代や職種、タイプの違う男性と出会うことができたそう。家にいる時間にサクッと色々な男性をリサーチできるのはいいですね。

(2)毎日気軽にリモートデート

「今までは初対面(初デート)は移動時間含め半日かかっていたぶん、想像と違った男性だったときに時間を無駄にした感がハンパなかったです。オンラインが流行り出してからは気軽にリモートデートができるように。そのため、一日多くて3人とZoomで初対面できて効率的」(29歳/音楽関係)

3ヵ月で約50人とZoomデートをした結果、そのうちの一人と無事に交際に発展したそう。実際に50人に会うのは時間も体力もお金も使うので、リモートデートはまさに手軽な婚活ツールとして積極的に活用してほしいです。

(3)ライバーデビューして、ファンと交際

「周りがライバーをし始めたので、ノリで私もライバーデビュー。部屋に一人でいると寂しいだけですが、ライブ配信中は人との繋がりを感じて楽しかったです。毎回コメントで話しかけてきてくれた一人と繋がり、今では彼氏に」(26歳/美容関連)

コロナ禍のつらさの一つに、人と会えないことが挙げられます。ライブ配信なら全国の人と繋がれて、毎日の寂しさも和らぎそう。今回はライバーにアツいコメントを送り続け、見事カップルに……こんなエピソードは夢が膨らみますね。

(4)お一人様同士で意気投合

「コロナ渦により会社の飲み会や友達とのランチさえもなくなり、毎日一人で過ごすように……。世間もお一人様が増えたことから一人で飲み食いしている男性をよく見かけます。立ち飲み屋などに行くと、お一人様同士で仲良くなることが増え、そのなかの一人の男性と交際することになりました」(32歳/公務員)

一人暮らしの方は、自炊よりもサクッと外食するほうが楽ですよね。そんな一人暮らしのお一人様外食が増えたことで、外食の場がそのまま出会いの場に。

(5)彼氏募集アピールが恥じらいなくできるように

「今まで『彼氏が欲しい』発言は負け組のようで言えませんでした。でも、コロナ禍で周りがみんな『人肌恋しい』と言うようになり私も自然と『彼氏が欲しい』と言えるように。すると同僚や先輩からお誘いが増えてソーシャルディスタンス飲みが増え、彼氏ができました」(32歳/教育関係)

“彼氏が欲しい”という願望を心に閉まっていると、それだけで出会いは半減。まずは、独身フリー&彼氏募集中であることを公にすることで、男性は声をかけやすくなるものです。願望や思いは口に出してみるべし!

 

コロナ禍でも行動した女性にハッピーエンドあり

コロナ禍でますます恋活ができなくなってしまう…と不安に思う女性も多いのでは?

これらのエピソードは、まさにピンチはチャンス! 何事も行動しなければ始まりません。行動をすればきっとステキな彼との出会いがすぐそこにあるはずです。

 

書いたのは

美泉菜月さん

恋愛心理士、恋愛アドバイザー、メンタル心理カウンセラー。年間1,000人以上の夫婦を円満に導く夫婦アドバイザーとしても活躍。

画像提供/FineGraphics

PICUP! RECOMMEND

PICUP! RECOMMEND

SPECIALオリジナル連載

美人百花Flowers 美人百花Flowers

画像:Flowers集合写真

About Flowers

美人百花を一緒に盛り上げてくれる専属読者モデル。年1回のオーディションで募集してます♪

美人百花Channel

Hot word

INFORMATION