「え、寒くない?」冬デートにありがちな失敗あるある5つ

こんばんは、恋愛心理士の美泉菜月です。

人肌恋しい季節がやってきましたね。冷えに弱い百花レディは多いのではないでしょうか?

今回は、寒くなったきた“冬”にありがちな失敗あるあるを集めました。みんなのエピソードを反面教師にしましょう。

 

冬デートにありがちな失敗あるある5つ

(1)お泊りの大敵、インナー問題

「ヒートテックや腹巻きってベージュを選ぶことが多いので、温かいけれど見た目がとにかくオバシャツです。冬デートでインナーを着こんだときに限って急なお泊りになって彼にオバシャツを見せるハメになります」(30歳/教育関係)

寒さは美の大敵なので、インナーを愛用することはいいことではありますが、確かに雰囲気は出ないかもしれませんね。可愛いインナーの開発者求む!

(2)入口付近の席で激寒ディナー

「ディナーデートをギリギリで予約すると多くは入口付近の席になり、激寒デートになる。コートも預けてしまい、寒さに気を取られて会話が耳に入ってこない(笑)」(31歳/公務員)

入り口付近の席は寒いったらありゃしない……。当然、いい席から埋まっていくので、デート日が決まったらなるべく早く予約をしておきたいものですね。

(3)突然メガネが曇る

「普段、カジュアルなメガネスタイルが大好きで、だてメガネをよく取り入れます。でも冬は外からお店の中に入った途端、レンズが真っ白に曇り、前が見えなくなり、恥ずかしい」(27歳/保険)

寒いところから温かいところへ移動すると、水蒸気の関係でメガネが一瞬にして曇るのは、メガネ女子あるある。拭いてもしばらく曇り続けるので、冬のデートの前には曇り止めをレンズに塗っておくといいかも。

(4)ホッカイロ貼りまくりでモジモジ

「冬デートは、お腹や背中や腰にホッカイロが欠かせません。しかし、じっとしていると、どんどんかゆくなってきて、モジモジ動いてしまう。彼氏に『トイレでも行きたいの?』と言われ恥ずかしすぎた」(29歳/会社受付)

外デートを想定し、ホッカイロで防寒対策をしたものの、ドライブや映画などじっとする時間が多いと次第に熱すぎて体が勝手にモジモジと……。ホッカイロの使い過ぎは、かゆくなるだけでなく、カラダ中が乾燥するのでその後のボディケアも忘れずに。

(5)肌露出があだとなる

「肩やデコルテの部分開きの洋服が好きで、デートに着ていくと、多くの男性は『寒くないの?大丈夫?』と言ってきます。肌見せで喜ぶかと思いきや心配ばかりされて、踏んだり蹴ったり」(26歳/美容関連)

男性が肌露出を喜ぶとは限らない……むしろ、好きな人の肌は他人に見せたくないと思うのが男心ですよ。

 

毎年分かっていても、うっかり失敗してしまうもの。きっとみんな経験している?

冬デートのあるある失敗を繰り返さないためにも、他人の失敗を見て我がフリをなおしましょう。

書いたのは

美泉菜月さん

恋愛心理士、恋愛アドバイザー、メンタル心理カウンセラー。年間1,000人以上の夫婦を円満に導く夫婦アドバイザーとしても活躍。

PICUP! RECOMMEND

PICUP! RECOMMEND

SPECIALオリジナル連載

美人百花Flowers 美人百花Flowers

画像:Flowers集合写真

About Flowers

美人百花を一緒に盛り上げてくれる専属読者モデル。年1回のオーディションで募集してます♪

美人百花Channel

Hot word

INFORMATION