ムードが台無し!男性が実はやめてほしいと思っている「彼女のベッドでの行動」5つ

ベッドタイムをリードしたいと思うのが男性の性。しかし、尽くそうと思っても、彼女のあるおこないでムードが台無しに!
今回は、実はやめてほしいと思っている彼女のベッドでのアレコレを探ってきました。これが男性の本音!

 

実はやめてほしいと思っている「彼女のベッドでのおこない」

(1)LINEが来たら返信優先

「最中であってもLINEの通知音が鳴ると、『あ、返信だけさせて』と途中中断し、返信優先の彼女。空気読めなさ過ぎでしょ……」(30歳/公務員)

せっかく時間をかけて盛り上がっても、そうこうしているうちにテンションがだだ下がり。ベッドタイム中のスマホいじりはときに彼の気持ちを天から地へ落とす結果になるかも。

(2)手や布団で顔を隠す

「恥ずかしがってくれているので百歩譲って許していますが、ベッドの上ではほぼ、手や布団で顔を隠す彼女。顔も見えないどころかキスもできないし、『なんの時間?』とふと、我に返るときがあります」(27歳/不動産)

男性は恥ずかしがっている姿さえも見たいのです。隠さず見せることで好感度が上がるので、隠し損ですよ。

(3)真っ暗にこだわる

「『電気、全部消して~』とあらゆる光をシャットダウンする彼女。もちろん、スマホでさえも画面を下向き。もはや何も見えない……。女性は暗くしたがりますが、男性は明るいほうが断然好き」(28歳/メーカー勤務)

暗ければ暗いほうがいいと思っている女性と、暗すぎると盛り上がらないと感じている男性、部屋の明るさに関しては男女で考えが反比例しているようです。間を取って薄暗い暖色系の明かりがおすすめ。

(4)エチケット支度

「イチャイチャする直前にベッドの上で歯磨きを堂々とし始める彼女。その後、リップを塗ったりタブレットを飲んだり、とにかくベッドタイム直前のすべり込み支度が長い!全部お風呂上りに済ませておいてほしい」(26歳/IT関連)

今からイチャイチャタイムというときに、目の前で必死の歯磨きからのアレコレ……。エチケット支度は見えないところで済ませておくのが思いやりかもしれません。

(5)先に予防線を張られる

「ベッドに入った途端、『今日はお腹が痛いから(すぐに終わらせよう)』『今日唇が乾燥しているから(あまりキスしないで)』と先に予防線を張られると、一気に萎えます」(33歳/税理士)

燃え上がろうとした矢先、乗り気ではないような予防線を張られるとムードが一瞬でなくなるようです。男性の“してあげたい欲”を奪ってしまう発言に注意。

 

普段、なかなか聞くことのできない男性の本音はいかがでしたか? これがきっかけで、ムードが盛り下がるだけでなく、気持ちまで冷めるきっかけとならないよう、しっかりと本音を受け止めていきたいですね。

書いたのは

美泉菜月さん

恋愛心理士、恋愛アドバイザー、メンタル心理カウンセラー。年間1,000人以上の夫婦を円満に導く夫婦アドバイザーとしても活躍。

PICUP! RECOMMEND

PICUP! RECOMMEND

SPECIALオリジナル連載

美人百花Flowers 美人百花Flowers

画像:Flowers集合写真

About Flowers

美人百花を一緒に盛り上げてくれる専属読者モデル。年1回のオーディションで募集してます♪

美人百花Channel

Hot word

INFORMATION