美人百花デジタル > Beauty > ピン1本で即完成♡ ボブでも簡単!顔まわりスッキリ「上品ハーフアップ」

ピン1本で即完成♡ ボブでも簡単!顔まわりスッキリ「上品ハーフアップ」

beauty
2020.03.26

オフィスでの好感度を手に入れる近道は、清潔感・きちんと感・親しみやすさをクリアしたヘアアレンジ。忙しい朝でもサッとつくれるお仕事アレンジを、レングス別に教えてもらいました! 今回は男性ウケもいいハーフアップアレンジをご紹介! 清楚でお嬢さんっぽく見えるハーフアップは、気になる彼との約束がある日にも♥ ただ結ぶだけじゃなく、ねじりやくるりんぱを使えばマンネリもしません!

 

■長さがなくても上品見えする「ピンだけハーフアップ」

ゴムで結ぶと、どうしても毛束が浮いたりハネたりしがち。ツイストをピンどめしたハーフアップなら毛先が落ち着きやすく、トップの立体感も自然に演出できます。

1. 耳上の髪をひとつにまとめてねじる

耳より上の髪をひとまとめにして後頭部でねじる。そのままグッと持ち上げて、トップを立ち上げます。

2. ねじった毛束を土台にピンどめ

ピンを数本使って、浮かないように土台にしっかり固定します。ピンは下から上に向かって差し込んで。

3. トップの毛束を引き出して高さを出す

ピンがズレないよう押さえながらトップを細くランダムにつまみ出し、表面にニュアンスをオン。

・完成!

顔まわりの後れ毛は細かめに巻いてレディなアクセントに!

アンサンブルニット¥17,000/ストロベリーフィールズ(シュガー・マトリックス) イヤリング¥7,364/アビステ

 

モデル:美人百花Flowers・Harukaさん(20歳)

本誌4月号「オフィスで輝いているレディはヘアアレンジが違う」では、オフィスでの好感度UPの簡単アレンジをレングス別にご紹介してます。ぜひチェックしてくださいね!

撮影/小川健(will creative)[人物]、志田裕也[静物] スタイリング/弓桁いずみ ヘアメイク/毛利仁美(Tierra) 取材・文/西野暁代 撮影協力/ワタベウエディング