美人百花デジタル > Column > 【美人百花DIGITAL限定】EXILE TETSUYAさんスペシャルインタビュー【後編】

【美人百花DIGITAL限定】EXILE TETSUYAさんスペシャルインタビュー【後編】

columnnews
2019.08.11

2019年8月20日にローソンMACHI caféとEXILE TETSUYAさんプロデュースのコーヒー専門店「AMAZING COFFEE」のコラボ商品第2弾「アメージングアイスキャラメルラテ」が全国のローソンにて発売します。そこで、EXILEとしての活動と両立してコーヒーマイスターとして活躍するTETSUYAさんにスペシャルインタビュー! コーヒーとの出会いがTETSUYAさんの人生に与えた気づきや変化について語っていただいた前編に続き、後編では現代を生き抜くためのライフスタイルや憧れの男性像、自分だけの個性の見つけ方などについて伺いました♪

 

——————現在は膝の怪我でダンスをお休みされていますよね。TETSUYAさんに教育の場やコーヒーショップがあるように、自分にとっての居場所がいくつもあると、ひとつが難しくなったときに精神的に助けられたりしますか?

TETSUYA:すごくあります。今、怪我をしていても何もできない自分ではないということがありがたいです。ひとつのキャリアを60歳まで続ける時代よりも今は、人生100年時代と言われてるので、例えば3つくらいのキャリアを持って、そこで得た経験やスキルを三つ編みみたいに結いながら生きていくのって、もしかしたら今の時代にフィットしているのかと思います。「三つ編みライフ」とでも言いましょうか(笑)。それに気づいたのが30歳くらいで、ちょうどコーヒーと出会った時期でもあり、EXILEの活動が少し落ち着いて周りが見え始めたタイミングでした。

——————「三つ編みライフ」って素敵な響き! 心に余裕と幅を持たせてくれる気がします。TETSUYAさん自身もですが、EXILEというグループ自体もどんどん幅が広がっていって多様性が出てる印象です。グループ内で影響を受けた先輩や、「かっこいい!」と思う理想像はいらっしゃいますか? 

TETSUYA:1人ひとり尊敬してますけど、特に長い時間一緒に過ごしてきた(EXILEの)ÜSAさんからは一番影響を受けています。ÜSAさんのダンスの表現や、インプットとアウトプットの仕方は自分にはないものなので憧れるし、吸収できるところがたくさんあります。

——————たくさんの才能があるグループにいると、学べるものもたくさんあるんですね。

TETSUYA:そうですね。例えば、EXILEに加入したての頃は『HIROさんみたいになりたい!』って憧れましたけど、すぐに『いや、無理でしょ!』って気づきましたね(笑)。「自分らしさ」が何なのかがわかってないと、かっこよさは出ないんだなって。今の僕にはEXILEを中心に、パフォーマンス、教育の現場、あとコーヒーがある。この同時進行で走ってるものが、この先全てひとつに束ねられるときが来る予感はあります。その時にEXILE TETSUYAの「オリジナル三つ編みライフ」が構築されるのかなって。今はまだ理想でしかないというか、これです!というビジョンは言えないけど、その方が面白いんじゃないのかなって思ってます。

——————楽しみですね。美人百花の読者にもTETSUYAさんがおっしゃるオリジナリティが見つけられなくて悩んでる人が多いと思うんですが、どうしたらTETSUYAさんのように自分だけの個性や武器が見つかるでしょうか。

TETSUYA:自分の興味のあることから逃げないことですかね。どんな世代の人にも、興味があることや好きなことってあるはず。でもそれを年齢や時間やお金のせいにして、見て見ぬ振りをしてしまう人って多いんじゃないかな。

——————確かに思い当たる節があります……。

TETSUYA:何のしがらみもなく自分を俯瞰的に見て、『本当は何がやりたいの?』という問いに対する自分の声を大事にしてみる。すぐに何かを始めるのは難しいと思うから、まず誰かに『○○に興味があるんだよね、やってみたいんだよね』と言ってみる。それだけで第一歩になります。僕自身も人に話していた願望がいつの間にか叶っているので、発言することってすごく大事だと実感してます。

——————やりたいことを人に伝えていくこと、心がけてみようと思います! さて、そんなTETSUYAさんが思う、素敵な男性の条件とは?

TETSUYA:ダンス好きで、コーヒー好きの男!

——————それってもしかして(笑)?

TETSUYA:僕のことです(笑)。それは冗談として、軸がブレてない人って素敵だなって思います。さっき言ったみたいに3つくらい自分の中で軸を持ってたとしても、結局1本1本の軸がしっかりしてないと並立できないので。それぞれの軸を強く持てる人ってすごく魅力的。今まで僕が憧れたことのある男性って年上だけでなく年下でも、やっぱり軸がしっかりしてますね。自分はこういう人ですって、はっきり主張できる人ばかり。そういう人がおすすめかな。

——————確かに芯の強い男性って素敵ですよね。チェックしてみます! では最後に、美人百花読者にメッセージをお願いします!

TETSUYA:美人百花の読者さんの中にもEXILEというグループを好きな方もいれば、少し抵抗がある方もいると思います。でもEXILEってご存知の通り人数が多いので、本当にいろんなメンバーがいるからこそ変幻自在なグループだと思います。僕みたいにコーヒーを追求していたり、いろんな活動や趣味のメンバーがいて。見てるとめちゃくちゃおもしろいんですよ。なので、もしこのインタビューを読んでEXILEをのぞいてみようかなって思ってくれた人がいて、メンバーの活動と自分の興味にリンクした瞬間、EXILEというグループのイメージってすっごく変わると思います。そういう風に楽しんでもらえたら光栄です。

——————『幅がある』EXILEならではですね!

TETSUYA:ですね。あとアラサー世代の女性って僕にとっては未知数なんですけど、これから年齢を重ねでも自分の可能性を狭めないでほしいなって。恐れずに『好きなことは好き』、『私はこれに興味があるんだ!』と発言してみて、そこからチャレンジしていってほしいですね。

 

何かに悩んだり壁にぶつかったりしたときには、お近くのローソンでアメージングアイスキャラメルラテを飲んでホッとひと息つくのもおすすめです♡  そして素敵な『三つ編みライフ』にTRYしてみてください!

 

取材・文/池野もも カメラマン/松本有隆 スタイリスト/佐藤修一 ヘアメイク/下川 真矢