美人百花デジタル > Beauty > 《コスメWEB連載》シュッとひと塗り!で「美女オーラ」をガンガン放つマジ令和なリップに、小躍り

《コスメWEB連載》シュッとひと塗り!で「美女オーラ」をガンガン放つマジ令和なリップに、小躍り

beautycolumn
2019.08.02

エレガンス。わたくしの好きなブランドです。
生きている限りリピートし続ける予定のアイブロウペンシル&アイブロウパウダーをはじめ、疲れを吹き飛ばすピンクカラーの下地、ちゅるん質感のおいしそうなファンデ、天才的に空気を読むベージュのチーク、何人に勧めたかわからんリキッドルージュ……コスメ狂のわたしが忖度なしで惚れ込むアイテムがたくさん、なブランドです。
そんなエレガンスさまが、この秋、またわたくしをときめかせてきた、それが新リップ・スティック「ルージュ シュペルブ」でござる!!!!!!!!!!!!!

 

■令和の夏、エレガンス ルージュ シュペルブ、その出合いに感動

感想:「上手すぎる。」
ルージュ シュペルブは驚愕の17色展開(限定色2色含む)で登場するのですが、圧巻のカラーラインナップを発表会にて一挙に見たわたくし、間髪入れずに小躍り。ピンク、ベージュ、レッド、ローズのおっきなくくりがあって、その中で、たとえばレッドやったらオレンジっぽいレッド、ベリー感のあるレッド、などなど、「こんなんほしいなーー……、って、全部あるやーん!」ってノリツッコミするほど、隙がない色展開、まず上手すぎる。そう、ほしい色が全部あるんです!!!!小躍り!!  17色からわたくしが選んだのは03番(左)と04番(右)。どっちもおっきなくくりでいうと赤。赤ばっかりやんけ!! すみません、でも好き。何を隠そうリップは基本的に赤一択、なので、赤バリエが豊かなのは本当にワクワクし、感動いたします。

・ルージュ シュペルブ03は「強い女」の赤!

まず03番。この赤は見た瞬間「This is me.(????)」と思いました。赤にダークなパープルが混ざって、とびきりおしゃれになってしまった素晴らしい色です。このように強い色は、たとえば今日のわたしのような(?)黒+グレーの超絶地味服を着ている日にベリベリ活躍してくれます。アイメイクとか特に頑張らなくても、03番を塗るだけで「ああ、おしゃれを分かってるな。」ってオーラが出てしまう。新しい服を買うより簡単に&間違いなく、おしゃれ化ができる。これやからリップ大好物!!!!

特に、こちらのルージュ シュペルプは(!)、発色レベルがカンスト。ひと塗りで、“一撃で”、濃密に発色してくれます。が!発色グッドな濃いリップあるあるとして「マレフィセント感でてまう」という事象があると思うのですが、なぜか(?)ルージュ シュペルブは濃密発色なのに透け感があってナチュラル。で上品。ホラーになんないんです!!  上手やなあ……。

・ルージュ シュペルブ04番はザ・赤!!!!!!

続いてお気に入りが04番。こちらはディスイズ赤、ザ赤、赤オブ赤。黄みにも青みにも寄っていない凛としたレッドが、一周まわって新鮮で、選びました。どんだけ忙しいときでも、04番をつけたら「余裕ですが」感が出るような。女性に自信と気品をくれるような、背筋が伸びるような、お守りの赤!です。好き。

ルージュ シュペルブの質感についてここで触れていきたいのですが(?)ツヤッツヤ!ではないです。でもマットでもない。唇にワンストロークするだけでカラーパウダーが唇にがっちりフィットして、ぎゅぎゅっと発色するのに、縦ジワのないふんわりした唇に仕立ててくれて、ぜんぜん乾燥しなくてもう、美人(?)。発色の美しさは半端ないのに、驚くほど軽い使用感。例えるなら、質のいい羽衣です。もうバレているかもしれないんですが(?)わたくしめちゃくちゃ言葉数多くって、そんなわたしがどんだけしゃべってもリップがヨレへんし長いこと色落ちせえへん!!どうなってるんやろう。上手やなあ。

パッケージもゴールドにキランキラン!がついててかわいくって、高級感MAXやのに、意外に軽くって、ポーチインしやすい。隙がなさすぎ、ひれ伏す……。好きなところだらけで、まさに令和という新時代を感じるリップです。尊い。

価格は¥3,800です。8月18日の発売まで、何色を買うか3週間ぜひ悩みに悩んでください!

次回につづく!

文/編集CF