美人百花デジタル > Column > 【男子禁制♡IN BED TALK】Vol.01 男心に火をつけるエッチなお作法〜前戯編〜

【男子禁制♡IN BED TALK】Vol.01 男心に火をつけるエッチなお作法〜前戯編〜

column
2019.07.26

・キスをしながら男性の髪・耳・首筋にそっと指先で触れて

「キスの最中、相手の顔を軽く持つようにして、耳をソフトタッチで愛撫しています。私はキスが好きなので満足するまで次のステップへ進ませないようにするためってこともありますが、だいたいの男性はうずうずしてる。『もう我慢できない。いい?』って押し倒されたことも!」(響子さん・31歳)

「アラサーだし、ある程度の経験はあって当然。でも、手慣れた様子で触ると遊び人っぽく思われちゃうから、あくまでも自然に触れるのがコツ。気持ちとしては、『愛しい人を撫でずにはいられない』って感じで」(沙織さん・28歳)

<番外編>お尻フェチな彼に効果的!ワンサイズ小さいショーツをセレクト

「ちょっと太っちゃった時期に出会った彼と初エッチのときのこと。ショーツを買い換えてなかった私は、お尻のサイズに合わない小さいショーツを履いていて。見られたら気まずいなって思ってたんです。でも、その彼はお尻フェチだったらしく、意外なことに食い込んだショーツに大興奮。たまんないって様子で、私の大きいお尻を愛でてくれました」(ひろかさん・27歳)

 

番外編以外の3つのお作法は、たとえ外しちゃったとしても男性に引かれることはないのでご安心を。あえて注意点をあげるなら、“演技”ではなく好きな人のために“演出”することが大事。恥ずかしがらずにトライして、HAPPYなSEXライフを送ってください❤︎

 

取材・文/多部千春 イラスト/佐伯ゆう子