美人百花デジタル > Beauty > 《コスメWEB連載》顔面に可愛さをまぶす!忍法・血色なりすまし!チーク♡

《コスメWEB連載》顔面に可愛さをまぶす!忍法・血色なりすまし!チーク♡

beautycolumn
2019.07.06

読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋……とは言いますが、大声で訴えたい!
今年は「コスメの秋」です!!!!
そもそも秋コスメって色に深さがあって、一撃でおしゃれに&大人っぽくなれて、わたくしは「秋コスメ」という響きだけで強くなれる気がする(♪)のですが、やっぱりメイクの主役にしたいのは、こっくりカラーのリップですよね。ご紹介したいリップは大量にあるのですが、どんな秋リップにも相性◎じゃないか!? と感じた秀逸な新作チークについて、今回は語らせていただきます。秋リップを買う前にまずこのチークを誰であれ(?)いったん備えておくべきだと思ったからです!!段取りね!

 

■コスメデコルテのクリーム ブラッシュ RD451がかわE通り越してかわF

タイピングしたいことは山程ございますが、一言で素晴らしさをまとめさせていただくと、このチークって、「無理がない」。おお!!!!

コスメデコルテのクリームチークってみなさん使ったことがありますか? 先にカラーについて説明させていただくと、この色、モンホノ素肌!!!!!を追求したナチュラルレッド、です。赤?ベージュ?ピンク……?いや、体の一部の色というのが簡潔か?

そう、THE・人間色です。(?)

この絶妙〜〜にくすんだカラーの、くすみ方のすごさよ!!!!! これが、わたしたちのくすんだ肌(チーン)にうまく溶け込むのです。くすみ×くすみって地獄かと思うけど、予想外にファビュラスでヘヴンリー。この赤によって、ナチュが過ぎるハッピーオーラがあふれるから不思議! 「内側から上気したような」とはよく言うけど、このチークほど、正しく表現できるものはないんじゃないでしょうか。「チークチークしちゃってます♪」みたいなチョイ痛!テンションではなく、“無理なく”血色感を出す。その品の良さがまさにコスメデコルテさまらしい。メイクの理想にフィットしすぎて涙出る。。。

 

・クリームチーク初心者さんは、是非、コスメデコルテを試してほしい

使い方はベリー・イージー。ふかふかっとしたチークを指にとって、ここらへんかな〜って位置にざっくりと塗り伸ばすのみ。重ねても重ねてもトゥーマッチにはならず、「ちょくちょく」血色が増えてくかんじ。これはすこぶる安心!

クリームチークって、なじみがよさそう〜なアイテムに聞こえるけど、意外と(?)境界線がぼかしきれず、「こっからここにチーク塗ってますよん!」ってバレバレなヘンテコリンほっぺ!になりがち。私もです。
しかしコスメデコルテさまのこれは違う。するするっと「無理なく」のびて、じんわ〜りなじむ。それでいて、ラストはサラサラ質感にチェンジ。メイクの邪魔をしない!!!パーフェクトです。こういう舌触りのいいスイーツがあれば超絶美味しそうなのにって思うテクスチャーです。(!)

チークレスが可愛い時期がありましたね。でも、どう考えてもチークってアラサーレディに絶対必要!!! わたしはメイクの仕上げにチークを「つなぎ」として使うのですが、塗ったらたちまち、顔がぱーって華やぐ。魔法だな? そしてツヤも宿って、ハリまで出現する。魔法だな?
チークの役割って、頬に色をさすだけじゃないんやな〜ってしみじみ思います。チークレス言うてる場合ちゃう。私たちにマストオブマストですね。

このチークに合わせるとしたら、ブラウンレッドのリップでもいいし、ベージュリップでもいいよね。ピンクリップでも可愛いよね。妄想ぐんぐん広がってたのしい!!!!

 

ご紹介したチークは8月21日(水)発売の限定色で、価格は¥3,500。
争奪戦間違いないよね。私もストック買いしたいです。

ちなみにコスデコの秋コレクションは、新作のザ ルージュ ベルベットも主役!ってリップでめちゃんこ可愛くて絶対に紹介したいものです。可愛いのありすぎて苦しくて心地よい。

 

次回へつづく!!!!!

文/編集CF