美人百花デジタル > Lifestyle > 家計どうなってる?プロが診断「貯めてるアラサー」のマイルール
shutterstock / thansak253700

家計どうなってる?プロが診断「貯めてるアラサー」のマイルール

lifestyle
2017.08.27
source:https://www.shutterstock.com

ちゃんと働いているのに、なかなかお金が貯まらない……。そんな人は、貯められない原因がどこかに潜んでいるかも。貯め上手な人が必ず守っている「マイルール」をお手本に、将来に備えて貯蓄をグングン増やしていきましょう。

 

■まやこさん(仮名)(32歳) 金融系事務・派遣社員/既婚 ふたり暮らし

まやこさん(仮名)(32歳) 金融系事務・派遣社員/既婚 ふたり暮らし

(C)美人百花

・貯蓄額400万円 ※夫とは別の本人のみの貯金
手取り年収:300万円
手取り月収:23万5千円
家賃:0円
光熱費:0円
美容費:4万円
服飾費:3万円
通信費:2万円
交際費:2万~3万円
食費:1万5千円
外貨預金:月に1万円
貯金:月に3万円

生活費と家賃はご主人払いで、自分の収入はすべてお小遣いというまやこさん。でも、しっかりとメリハリのある使い方をしています。「社会人になってから毎月3万円と、ボーナスも一部入れて貯蓄。結婚資金としてそこから150万円使い、今は400万円残っています。支出はzaim(アプリ)に記録し把握。コスメが好きなので買いすぎることはありますが、大きな買い物には慎重です。私の場合、例えばバッグだと同じものをトータルで3カ月くらいしか使わないので、90日で割ると1日あたりいくらかと考えて、高いと感じて買わなくなることも」。

 

■マイルール1:無駄なものは買わない

マイルール1:無駄なものは買わない

(C)美人百花

ネットショッピングで買った黄色のスカートは、届いてからよく見ると素材が透けていて……。この経験から購入前によく考えて「無駄になりそうなものは買わない」ことを徹底!

 

■マイルール2:好きなことは我慢しない

マイルール2:好きなことは我慢しない

(C)美人百花

マッサージは週1で行きたいので、腕が良くて価格も納得のところを調べて選びました。脱毛は1回払い、1部位3000円のところに通っています。好きな回数を選べるのが自分に合っています。

 

■ファイナンシャルプランナーが採点!

・メリハリが身についた貯め上手/100点

貯める習慣が身についていて良いですね。そして、自分に合った買い物ができているのもポイント。無駄な買い物を振り返り、未来の家計への学習教材として生かせているのも◎。月4万円ずつ貯められるので貯蓄スピードも速いはず。

 

本誌9月号『「貯めてるアラサー」、「貯めてないアラサー」の家計、どうなってる?』では、他にも貯めている女子のマイルールや貯められない原因をアドバイス。なかなか貯蓄ができない、増やせないという方は、ぜひチェックしてください!

今回教えてくれたのは、

八ツ井慶子さん/ファイナンシャルプランナー

『生活マネー相談室』代表。お金に関する個人相談を行う他、メディアへの執筆、講演など多方面で活躍。著書に『ムダづかい女子が幸せになる38のルール』(かんき出版)など多数。

撮影/志田裕也[静物] イラスト/菜々子 取材・文/中尾ミカ

【画像】
※ thansak253700 – Shutterstock