美人百花デジタル > Fashion > あなたは知っていた?ランジェリーの正しい「洗い方&収納法」
よれよれ下着に彼も幻滅!?型崩れしにくいランジェリーの「洗い方&収納法」を伝授♡

あなたは知っていた?ランジェリーの正しい「洗い方&収納法」

fashionlifestyle
2018.11.21
(C)美人百花

いろんなイベントが目白押しの今だから、ひそかに気になっているランジェリー。でも、正しいランジェリーの洗い方&収納法を知っていますか? 意外と間違えていることも多いようです。そこで今回は、トリンプの広報さんに正しい方法を伝授してもらいました。これで型崩れなく長持ち!

 

■洗濯の仕方

・(1)大きめの容器と40度以下のぬるま湯を用意

大きめの容器に少し冷たいと感じる40度以下の温度の水に中性洗剤を溶かします。

・(2)ゴシゴシとこすらずに優しく洗って

ブラジャーを広げ、両手で軽く押し洗いをします。気になるところはつまみ洗いを。

・(3)脱水はタオルに挟むだけでOK

タオルに挟んで水気を取ります。洗濯機の脱水やねじり絞りは型崩れの原因に。

・(4)風通しの良い日陰に干して

カップの形を整えワイヤー部分を挟んで干して。直射日光は劣化させるのでNG。

■ブラジャーのしまい方

・(1)カップの形を整えて崩さないように

カップを整えたら、つぶさないように背部を後ろ側に返します。ホックは留めないで。

・(2)アンダー部分を内側にきれいに折り込む

カップの幅に合わせて、はみ出しているアンダー部分を内側に折り込みます。

・(3)ストラップもカップの中に折り込んで収納

ストラップもカップの内側に折り込み、カップをつぶさないようにそのまま重ねてしまう。

■ショーツのしまい方

・(1)ガードルもショーツも同じたたみ方でOK

横に3等分になるように裏側にたたんでいく。

・(2)次は縦に3等分にしてたたむ

縦に3等分になるように両サイドをたたむ。

・(3)繊細な生地はシワにならないように

レースなど繊細な生地は伸ばしながらたたむ。

・(4)縦に並べてしまうと見えやすくて便利

前にして形を整えたらそのまま収納する。

 

本誌12月号「冬のとっておきランジェリーcollection」では、ほかにもお仕事やデートにぴったりなランジェリーをたくさん紹介しています。ぜひ、チェックしてください!

イラスト/菜々子 文/石沢美知子

【おすすめ記事】

ユニクロコーデを見る?

GUコーデを見る?

アンダー3,000円ルームウエアをチェック♡