美人百花デジタル > Lifestyle > スマホをテーブルに置くのはマナー違反!? やりがちなNG行動3つ

スマホをテーブルに置くのはマナー違反!? やりがちなNG行動3つ

lifestyle
2018.07.06
(C)美人百花

どんなシーンでも気持ちのいい振る舞いで、共演者やスタッフから好感度の高い田中みな実さん。そんな自然な所作だからこそ嫌みがない、彼女流のマナーをみんなで学びましょう♡ 毎日繰り返される何げない行動の中にも、他人からすればNGな動きや対応はたくさんあります。いま一度、見直してみましょう。

 

■1.会食のとき、スマホはテーブルに出さず、お尻かひざに

テーブルにスマホを出したままにしていると、相手に「仕事で連絡待ちなのかな?」「つまらないからスマホをさわりたいのかな?」と余計な心配をさせることに。さらに、携帯電話はトイレなどにも持ち込むもの。カバーがボロボロで汚れていたら衛生面においていい気分はしません。バッグにしまうか、連絡待ちのときはバイブ音にしてひざの上に置く、またはお尻の下に挟んで。相手からも見えないし、連絡を逃すこともありません。

■2.爪、靴、バッグはメンテを怠るとズボラに見られて損!

名刺交換をするとき、ジェルが1本外れていたり、マニキュアがはがれていると“ズボラな人”と思われて、仕事を頼んでもきちんとやってくれなさそうなイメージを持たれてしまいます。また、エスカレーターや階段などでは、靴も目が行く場所。パンプスのヒールが削れていたり、ヒールの先のゴムがボロボロ、つま先がすり減っていたりすると、どんなにいい服を着ていても雑な人だという印象を持たれます。バッグは、ヴィンテージのよさというのもありますが、年季が入りすぎているものは会社には不向き。外部の人から、ちゃんとお給料もらっていないのかな? なんて、心配される可能性も! メンテナンスは細部こそしっかり行いたいですね。

■3.トイレを使った後はキレイに復元。水滴は拭き取って

トイレに入ったときに、トイレットペーパーがズルッと垂れ下がっていたり、便座に謎の水滴が付いていたり……こういうのを見ると幻滅します。自分はそうならないためにも、トイレを出るときは一度振り返ってチェックを忘れずに。また、洗面台は最初からビショビショだったとしても、自分が使ったペーパータオルで最後にササッと水滴を拭き取るのがベター。次の人を気分よく迎えるという気持ちで。

 

本誌7月号『プロフェッショナル「田中みな実」流お仕事の流儀』では、ほかにもアラサー女子必読の身近なマナーとエチケットをご紹介しています。ぜひチェックしてください!

撮影/野口マサヒロ(BIEI) スタイリング/筒井葉子(PEACE MONKEY) ヘアメイク/朝日光輝(SUN VALLEY) モデル/田中みな実 イラスト/村澤綾香 取材・文/若山あや

【おすすめ記事】

※ 田中みな実さんが失敗から学んだ「タクシーの美しい乗り方」

ピンは必要なし!たった60秒でできるシニョンスタイル

愛され女子になるためのお仕事マナー