美人百花デジタル > Lifestyle > 付き合っている男性をずっと夢中にさせる「魔法のテク」7つ

付き合っている男性をずっと夢中にさせる「魔法のテク」7つ

lifestyle
2018.05.21
(C)美人百花

片思い中の男性を振り向かせたい! マンネリな関係を脱却して彼氏に愛されたい! そろそろ結婚を決めたい! そんな恋のお悩みを心理学の効果でズバッと解決しちゃいます。

今回は、付き合ってもずっと夢中にさせる女になる方法をご紹介。「釣った魚にエサはやらない」と言われる男性をずっとひきつけておくためにも心理学は効果絶大です。

 

■愛情をクールダウンさせ、相手に最小関心の原理を起こさせない

片思いが実ると、つい好きな気持ちが溢れ出してしまうもの。でも、あなたが彼に関心を持てば持つほど、彼はあなたに「最小限の関心」しか抱かなくなります。対等な関係になるには、「かっこいいのは今だけ。将来は劣化するかも」と想像して気持ちを落ち着けることが大事。「ほれた弱み」は幸せの敵なのです!

自分の情報は小出しにすることで、相手からの関心を持続させる

人は、すべてを知ると飽きてしまうので、最初から何でも話すのはNG。つき合ってしばらくしてから、意外な生い立ちをサラッと話したりすると「俺が知らない一面がまだある!」と興味津々に。つき合った人数を聞かれても「そんなに多くないよ」と曖昧に答えると、あなたへの関心は持続します!

■男性をずっとひきつけておくためのLINEテク5つ

テク1:とにかく自分を安売りしない
男性に急に呼び出されたとき、「行く行く!」といつも予定を合わせて駆けつけていると、「俺の思いどおりになる女だ」と安く見られてしまいます。ときには誘いを断ったり「もう少し早めに誘ってくれないと無理だよ」と伝えて、便利な女にならないことがマンネリ防止の近道!

テク2:アサーティブな関係を築く
男女間では、相手の主張に「Yes」と答えるだけでなく、お互いに主張しあえるアサーティブ(自己主張できる)な関係を築くことが大事。急な誘いを断ったり「今は無理だけど2時間後ならいいよ」と主張ができる関係性になれないと、彼からパワハラ的な扱いを受けたりDVに発展する危険も……。

テク3:ミステリアスな部分を作り価値を高める
ミステリアスな部分は魅力的に映ります。誘いを断るときも「友達とごはんに行くから」などとズバリ理由を言わずに「ちょっと特別な用事があって……」と曖昧に返してみて。最小限の情報しか与えないと、相手はあなたのことが気になって「思いどおりにならない価値の高い女性」と感じます。

テク4:相手に質問させた方が主導権を握れる
質問をするのは相手に興味がある証拠。会話やメールでは、男性から質問されるように意識すると主導権を握れます。「それはヒミツ」と含みを持たせた返事すると、男性はつい質問攻めにして追いかけたくなります。

テク5:リア充な雰囲気をにおわせて、相手に結晶作用をもたせる
好意を持っている相手をどんどん美化させる行為を「結晶作用」といいます。例えば、「あなた以外にも誘いがある」というリア充な女を演出することで、「いろんな人から好かれる、モテる女性」として彼に安心感を与えないことも手です。

 

本誌では、ほかにも恋愛に使えるテクニックを紹介しています。ぜひチェックしてください!

教えていただいたのは

神岡真司先生
ビジネス心理研究家で、日本心理パワー研究所主宰の神岡先生が指南する恋愛心理テクニック。これを読めば男ゴコロを自在に操れちゃいます。
『男と女のLOVE心理学』/マガジンハウス

イラスト/村澤綾香 取材・文/榛村季溶子(Short cut)

【関連記事】
※ 付き合っていない男性を自然にデートに誘う「魔法のLINEテク」5つ
※ 彼の浮気を予防するテクって?男を操る恋愛心理テクで恋の悩みをズバッと解決!